日本経済復活の会
借金時計 News 没落する日本経済 政府との質疑応答 国会議員等 活動 書籍
参考論文・記事等 論文 連絡先 次回定例会 過去の定例会 リンク ***
会長のブログ シンポジウム2004 ノーベル経済学賞受賞者からの手紙 会長プロフィール
        
次回定例会
第155回 日本経済復活の会 開催のお知らせ

令和元年10月1日

日本経済復活の会 会長 小野盛司
○日時 令和元年10月29日(火)午後5時〜午後8時
               (開場4時30分、講演開始5時)
    ※この後、希望者は二次会(食事会)にご参加下さい。
○場所 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第二議員会館第8会議室
参加希望者は1階で通行証を受け取って下さい。

     TEL:03−3581−5111
○当会合に関する一切の問い合わせと、御来会の可否は小野(03-3823-5233)宛にお願いします。須田(090-2170-3971)、メール(sono@ajer.biz)でも結構で す。ご協力お願いします。定員(42名)に達し次第締め切りますので早めに申し込みをお願いします。
○講師 安藤裕 衆議院議員
  昭和40年 神奈川県生まれ
  昭和62年 慶應義塾大学経済学部 卒業
  昭和62年 相模鉄道株式会社入社
  平成10年 安藤裕税理士事務所開設
  平成24年 衆議院議員初当選
  平成30年 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官
  令和元年  内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官退任
  「日本の未来を考える勉強会」を主宰しておられ、デフレの今必要なのは「財政出動による財政再建」であると主張しておられます。
○講師 小野 盛司 日本経済復活の会会長
  会の活動報告、『日本経済復活への道 −お金がなければ刷りなさい−』
  アベノミクスに対する期待は大きかったが、異次元の金融緩和でもデフレ脱却に到らなかった。財政出動で国の借金を増やすことに対する国民の抵抗が大きいのだが隣の韓国ではそれがない。その結果国の借金は20年前に比べて韓国では9.4倍、日本では2.1倍であり、10年前に比べると韓国は2.3倍、日本は1.4倍となっていて、韓国は積極的な財政出動でGDPが急拡大している。その結果、一人当たりの名目GDPでは間もなく日本を抜き去ろうとしている。一方GDPの拡大のため韓国の国の借金のGDP比は40%であり日本の200%よりはるかに低い水準となっている、
日本経済等の事柄に関し、ディスカッションの時間もあります。
【ご案内図】
地図
【交通機関】 東京メトロ/有楽町線、半蔵門線、南北線【永田町駅】徒歩5分
東京メトロ/南北線【溜池山王駅】徒歩8分 東京メトロ/千代田線・丸ノ内線【国会議事堂前駅】徒歩5分
 
【誰でも参加できます。皆様のご参加をお待ちしております】
連絡先
Copyright ©2002 - 日本経済復活の会(Association for Japanese Economic Recovery). All rights reserved.